<<スポンサードリンク>>

ベビーマッサージのオイルの選び方|ピュアオイルなら肌に浸透しても安心

ベビーマッサージに適したオイルはどれ?
おすすめのキャリアオイルは何?
スーパーに売ってる食用オイルでもいいの?


あかちゃんにベビーマッサージしたいのに、どのオイルを使えばいい
のかわからずに、始めるきっかけを失ってしまっていませんか?


ベビーマッサージのオイルにおすすめなのは、植物性のピュアオイル
です。その中でもどれにしようか迷ったら


グレープシードオイルを使ってみませんか?
ホホバオイル、スイートアーモンドオイルもいいですよ。


<グレープシードオイル>サラッとしていてベトつかずマッサージしやすいオイル
肌になじみやすく肌によく浸透する
刺激が少なく、アトピーにも有効という報告もあり
乾燥肌や敏感肌にも適している
酸化しにくい


<ホホバオイル>
無味無臭で、サラッとしていて扱いやすいオイル
人間の肌の構造に似ているので、肌に優しくなじみやすい
保湿力も高く、おむつかぶれや湿疹にも有効
酸化しにくい



<スイートアーモンドオイル>
あらゆる肌質に向いている
浸透しやすく肌を柔らかくする
保湿効果もあり、かゆみや湿疹にも有効
比較的酸化しにくい


ただし、どんなオイルでも肌に合う合わないというのは、ひとりひとり
違いますし、使ってみなければわからない部分が大きいです。


最もよく使われているようなホホバオイルでさえ、ごくまれに
アレルギーを起こす場合もあるし、スイートアーモンドオイルも
どんな肌にも合うとされていますが、ナッツアレルギーがあれば
使えません。


ですので、始めてキャリアオイルを購入するときは、少量にし
まずは腕の裏側などでパッチテストをしてみましょう。


他にはアプリコットオイルやマカダミアナッツオイル、セサミオイルも
マッサージオイルとして人気です。


また、夏にはサラッとしたグレープシード、冬は保湿力の高いホホバ
など季節によって使い分けるのも良いですね。


ベビーマッサージには色々な効果があるといわれますが
何より大事なのはあかちゃんとのスキンシップ。


難しく考えずに、上記のメジャーなキャリアオイルの中から選んで
パッチテストをしてみましょう。
特に肌トラブルがなければ、好みで選んで大丈夫ですよ。


ただし、食用オイルは防腐剤などが添加されていたりします。
オイルの成分は肌に浸透するので、添加物のないマッサージ用の
植物性ピュアオイルを選ぶようにしましょう。


« スポンサードリンク »
株式売買委託手数料

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。