<<スポンサードリンク>>

布おむつの洗い方と注意点|赤ちゃんに悪影響な赤カビの原因を減らす方法

洗濯は簡単。赤カビには注意しよう

布おむつがなんだか難しそう・大変そうと思われる理由の
ひとつにおむつの洗い方がよくわからない・・・


とくに、うんちの処理はどうしたらいいの?下洗いはどこで
どうやってやるの?と、具体的なことがわからない、という
ことがあるようです。


布おむつのうんちは、トイレに流します。
紙おむつと同じですね。


トイレを流したときの水流でふりあらいをして、落とします。
とれにくい場合は、ティッシュでこそげるようにすればOK。


とれない部分はこすり洗い。素手に抵抗があれば、手袋を
するか、洗面所やお風呂場で洗っても良いですね。


布おむつの上おむつネットを敷いていると落としやすい
のておすすめ。



おむつネットがなければ、古くなったTシャツなどを適当な
大きさにきって代用。使い捨てればOK。
ケミカルに抵抗がなければ、おむつライナーも市販されて
います。


おしっこの場合も下洗いして同じバケツに入れます。
下洗いしなくても大丈夫ですが、臭いのもとになるので
軽く洗っておくといいです。


<布おむつの洗い方>
@ つけ置き用バケツに洗剤と水を入れておく
A 下洗いしたおむつをバケツに入れる
B つけ置きの水は捨て、洗濯機をまわす

どうですか?
つけ置きバケツがあるだけで、普段の洗濯と同じです


つけ置きバケツに入れる洗剤は、漂白作用や消臭効果のある
重層+お酢かアルカリウォッシュなどがおすすめ。

もちろん普通使っている洗濯洗剤や、液体石鹸でもかまいません。


あれば、殺菌・除菌作用のあるティートゥリーオイルを数滴
入れるのもいいですね。


つけ置きバケツの置場は、洗面所・トイレ・洗濯機の側
あたりに置いておくと便利です。


気をつけたいのは、カビですね。
濡れたおむつが、空気と触れると空気中の酵母と繁殖して
カビが発生してしまいます



洗濯した布おむつが、ピンク色になっていたら要注意。赤カビです。
もっとひどいのは、黒い点々の黒カビ。


湿気たままで空気に触れないように、つけ置きバケツの水は
多めに入れて、全体が水につるようにしましょう。
また洗濯したものは、なるべく早く干すようにしましょう。


もし布おむつにカビができてしまったら、煮沸洗いをすると
いいのですが、布へのダメージはありますので、なるべく
予防したいところです。


くるくる丸めてぽいっと捨ててしまうだけの紙おむつと
比べれば、めんどくさいような気がしてしまいますが


実際には洗濯は洗濯機がしてくれるのだし、やってみると
案外大変だなんてことは、ないですよ。

« スポンサードリンク »
株式売買委託手数料

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。