<<スポンサードリンク>>
ホーム » おもちゃ選び » 積み木とブロックどちらがいいか|乳幼児におすすめのおもちゃの種類

積み木とブロックどちらがいいか|乳幼児におすすめのおもちゃの種類

積み木とブロックは似て非なるもの

こどもに積み木かブロックを買おうと思うけれどどっちがいいだろう?
同じようなおもちゃの種類だから、2つもいらないよね?
積み木とブロックのどちらを選ぶか、迷う方結構いらっしゃいます。

でも、積み木とブロックって遊び方がまったく違うものですよ。


積み木は、高く積み上げたり、並べたりするのが遊びです。
積んでは倒し、また積んでは倒す。破壊するのが楽しい遊びでも
あります。


そおっとしないと壊れたり、ズレたりします。
その不安定なところが魅力でもあり、慎重にしなければならないので
積木遊びの中で、集中力や根気、辛抱強さが生まれます。


一方、ブロックは積木とは違いそこまで慎重さは求められません。
はめて、構成していくので作る工程も違いますね。


形をつくる楽しさや、アイデアやセンスがあふれ出します。
そしてブロックで作った物は、手に持って自由に動かし遊ぶことができます。


どちらも十分に遊びこむことでいつの間にか、
立体的に捉える力や、空間認識力が養われると言われてます。


ブロックと積み木、一見同じような種類のおもちゃに感じられるかも
しれないのですが、実はそれぞれ全く違うものです。


どちらかを先に・・・となると積み木を先に用意するのが良いです。
プラスチックと木という素材の違いやもありますし、
見た目・遊び方が、よりシンプルという点で軍配が上がります。


積むことよりも、はめることの方が少し難しいので、ブロックは
こどもの成長から見ても、積み木よりあと、ということになりますね。


もちろんブロックで遊び始めたからといって、そこで積木遊びが
終わるわけではありません。


子供の遊び方は、それぞれ発展させていきます。
でも例えば積み木で大きなお城や山をつくって、そこにブロックで作った
恐竜が登場して戦ったり。そんなふうに一緒に遊ぶこともありますよ。


一般的にブロックは小さいサイズもあるので、少し大きくなってからでも
遊べるけれど、積み木って小さい子用であかちゃんの間しか遊ばないのでは?
と思われている方も多いようです。


でも、それもまたちょっと違う。
逆三角形を作ることを想像してみてください。


ブロックならば、下段より上段がはみだしてもはめてしまえば問題ないですが
積み木は左右に微妙なバランスをとって乗せなければ崩れてしまいますね。


先ほどは、積み木の方が簡単と書きましたが、遊び方によっては
積み木の方が、難しくもなり、決して小さい間にだけ遊ぶもの
というわけではありませんよ。


積み木とブロックは、どちらも同じ種類のおもちゃのようですが、
あくまで似て非なるもの。積木は積木で、ブロックはブロック。


積み木とブロックどちらではなく、可能であれば小さいうちから
どちらも遊べる環境にあるのが理想的ですね。

« スポンサードリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

株式売買委託手数料

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。